エクオールを含む食品

エクオールは大豆イソフラボンをより効果的に吸収するために、更年期の女性をはじめ女性ホルモンの減少で悩んでいる女性には大切な成分です。しかしエクオールを産生する腸内細菌を持っていない人や、もっていても有効に活性化されていないこともあります。エクオールを健康に利用したいなら、エクオール食品を摂取することが大切なことではないでしょうか。

 

エクオール産生菌を持っている人にとってのエクオール食品

エクオールを多く含む食品

エクオールを産生する腸内細菌を持っている人にとって、大切なことはエクオール産生菌の活性化とエクオールのもとになる大豆イソフラボン食品の摂取ということになります。まず産生菌の活性化のためには腸内環境を良くする食品が重要です。そのためには善玉菌を増やすために乳酸菌などの多い食品を摂り、そして食物繊維を十分摂取することが必要になります。そしてもちろん毎日の生活リズムや生活習慣の見直しも大切です。

 

そして当然大豆イソフラボン食品を摂取することが必要になります。特に大豆製品ということで豆乳、豆腐、納豆、醤油、味噌などがあります。毎日意識的に大豆製品を摂取するようにしましょう。

 

エクオール産生菌を持ってない人にとってのエクオール食品

エクオールを持っていない人も日本人の場合50%と言われています。2人に1人がエクオール産生菌を腸内に持っていないわけです。そこでエクオール自体を摂取することのできる食品を摂取するという方法があります。それがエクオール健康食品ということになります。現在はエクオールを体外からサプリで摂取するのが主流です。

 

しかし補助食品であるサプリとしてや、最近はサプリではなく食品としてエクオールが発売されています。大豆製品を取っても効果があまり感じられない人や、検査によってエクオール産生菌が腸内にないと判明した人は、エクオールを直接摂取する方法を取ることを考えるといいでしょう。

エクオールサプリメント比較