エクオールは乳がん予防にも

エクエールは乳癌の予防にも効果が高いと言われていますが、どのようなメカニズムになっているのでしょう。その辺から詳しくご紹介したいと思います。

 

エクエールの抗エストロゲン作用

エクオールは乳癌予防に期待出来る

エクオールはエストロゲン不足のときには、大豆イソフラボンによるエストロゲン増加効果が高いと言われていますが、その効果の陰にはこのエクオールの働きがあったわけです。しかしそれとは逆に女性ホルモンが過剰になってしまったときにも、このエクエールがエストロゲンを抑えることができるのです。

 

乳癌は女性ホルモンの過剰分泌によって起こるため、エクエールが乳癌の抑制に効果があると言われています。乳房には乳管という器官がありますが、エストロゲンの過剰によって乳癌リスクが高くなります。

 

過剰なエストロゲンが増えると、エストロゲン受容体にはエストロゲンがすべてにはまっていってしまいます。しかしエクエールが産生されている人の場合は、エストロゲン受容体にはエストロゲンを押しのけてエクオールがたくさんはまり込んでくれるので、エストロゲン過剰を抑えることができるのです。

 

エクオールが作れる人でも注意が必要

しかしエクオールを産生する細菌が腸内に住んでいる人でも、善玉菌が優位に活動できるように腸内環境が良くないとエクオールを作ってくれません。エクオール産生菌が元気に働けるような腸内環境を作ることがとても重要になのです。エクオール産生菌が存在している人でも安心してばかりはいられません。

 

またどうしても腸内環境が悪化しやすい人は腸内環境を向上するサプリや、産生菌がいない人におすすめのエクオールサプリの摂取もおすすめです。特に中高年になったら、そんな方法で乳癌予防を考えてもいいのではないでしょうか。

エクオールサプリメント比較