エクオールの効果

エクオールは腸内にエクオール産生菌の有無によって、大豆イソフラボンの効果が大きく違ってきます。そんなエクオールの効果はどのようなものなのでしょう。エクオールの効果が重要であれば、産生菌がない人はエクオールを摂取することも大切ではないでしょうか。エクオールの効果を考えてみましょう。

 

乳癌予防

乳房内の乳管は女性ホルモンであるエストロゲンの影響を受けやすくなります。特に乳癌は過剰なエストロゲンによってリスクが高まると言われているのです。エクオールは抗エストロゲン作用があるため、エストロゲンが過剰になったときに、それを抑える効果があります。

 

それによって乳癌のリスクを減らす効果が期待されています。エストロゲン受容体に本来ならすべてエストロゲンがはまり込みむわけです。しかしエクオールを体内に持っていれば、その受容体に一気にエクオールが集まり受容体にはまり込むため、エストロゲンの増加の影響を受けにくくなるというメカニズムがあります。まるでエストロゲン受容体を巡って、エストロゲンとエクオールがイス取りをしているようだと例える人もいるほどです。

 

男性型脱毛症や前立線癌予防にも効果

男性型脱毛症や前立腺癌は、アンドロゲンの過剰によってリスクが高まります。アンドロゲンは精巣や卵巣で作られたテストステロンやアンドロステンジオンなど男性ホルモンのことです。女性でも男性型脱毛症があり、いわゆるFAGAやAGAの予防、改善効果もあると言われています。

 

この場合はアンドロゲン受容体にエクオールが直接はまり込むのではなく、ジヒドロテストステロンと結びつき、このジヒドロテストステロンの受容体にはまり込むことを阻止することができるのです。ジヒドロテストステロンとはテストステロンの活性体で男性型脱毛症の一番の原因とも言われ、テストステロンの500倍の活動をするとも言われています。このホルモンを抑えることができるため、AGAやFAGAの予防、改善に高い効果が期待されているのです。

 

更年期障害の改善

エクオールが多くの人に注目されるようになったのも、更年期障害の改善効果が高いことからとも言われています。女性ホルモンが激減することによって、更年期障害が起こります。そのためさまざまな症状が出ますが、原因は女性ホルモンの減少です。特にエストロゲンの減少による症状は、とても多いと言われています。

 

そのためエクオールと大豆イソフラボンの摂取によって、エストロゲン補給と同じ効果による更年期の多くの症状が改善されます。特に一つずつ挙げたらきりがないほどの症状がありますが、どれもエストロゲンの補給効果によってだいぶ改善されると期待されています。骨粗鬆症、肌荒れ、代謝異常による肥満、ホットフラッシュ、冷え性、イライラ、鬱などいろいろな症状があります。

 

ホルモンバランスの乱れ

エクオール効果

年齢は若くても女性ホルモンのバランスが乱れることもあり、それによって生理異常が出たり、自律神経の乱れにもつながってしまうこともあります。それによって鬱状態や睡眠障害が起こることもあるのです。

 

そのような場合も多くはエストロゲンの不足ということが多く、そのために大豆製品を多く摂取している人も多いはずです。そんな大豆イソフラボン効果を高めてくれるのがエクオールです。そのためホルモンバランスの乱れによるさまざまな症状に効果が期待されます。

エクオールサプリメント比較