エクオールの検査

エクオールが自分の体の中にいる腸内細菌によって代謝されるのか、それともエクオールを産生する腸内細菌は存在していないのでしょうか。それを知ることの重要性と、検査の方法などについてまとめてみましょう。

 

エクオール検査の必要性

エクオールはエクオールを産生する腸内細菌が腸内に住みついている人しか、体内で作ることはできません。大豆イソフラボンを摂取しても、その中のダイゼインという成分のみ産生菌によってエクオール作られます。しかしエクオール産生菌がいない人は、大豆食品を一生懸命食べてもだいぶ損していることとなるのではないでしょうか。

 

そして産生菌が体内に住みついている人は、日本人は2人に1人と言われています。つまり半分の人はエクオールがつくられないため、同じように大豆イソフラボンを摂取しても、思ったような効果が得られていないのです。そのため自分がどちらのタイプなのかということを知らない限り次の対策が取れません。

 

もし産生菌が存在していないタイプなら、エクオールをサプリで摂取することもできるのです。逆に産生菌がいる人なら大豆イソフラボンをしっかり取って、あとは腸内環境を整えるだけとなります。どちらも対策が違うので、まず自分の状態を知ることはとても大切であり、エクオール検査はできるだけ受けるといいのではないでしょうか。

 

エクオール検査とは

エクオール検査は「ソイチェック」とも言われていますが、ほとんどの産婦人科や美容クリニックなどで行っています。しかしやっていないところや、すぐにはできないところもあるので、まず電話をして予約をとってから行くといいでしょう。しかしそれほど特殊な病院でしかやっていないという検査ではないので、近くのクリニックなどで探してみましょう。

エクオール検査キット

検査の内容は簡単なアンケート尿検査のみです。当日に結果は出ないので次の予約を入れておくようにしましょう。

エクオールの検査

エクオールは体内で産生され、活動のあとは尿から排出されるので尿検査だけで簡単に分かるものです。また今はネットでもキットを使って、尿を送るって検査することができるというものもあります。検査の価格は4000円〜5000円がほとんどですが、病院によって多少違うので価格は電話で聞いてみましょう。

エクオールサプリメント比較