エクオールとは

エクオールという成分を知っている人もだいぶ多くなってきたと思いますが、まだまだ知らない人も多いのではないでしょうか。そこでエクオールとはどういうものかということを中心にまとめてみました。特に女性の更年期に興味のある方は、どのようなものか是非知っておくといいのではないでしょうか。

 

大豆イソフラボンが更年期に効果アリ

更年期や女性ホルモンの乱れや減少の改善のために、大豆イソフラボンが良いということは知られています。大豆イソフラボンはエストロゲンと分子構造がとても似ているということから、エストロゲン減少を改善するためにも効果が期待されています。

 

エクエールとは

エクオール

そんな大豆イソフラボンには「ダイゼイン」「グリシテイン」「ゲニステイン」の3つの成分があります。この中のダイゼインのみ、腸内細菌によって代謝されることでエクオールに変化します。しかしエクオールの効能はエストロゲンの100分の1とも1000分の1とも言われているほど小さなものなのです。しかしエストロゲンが不足したときに、その信号を受けるエストロゲン受容体にエクオールが入り込むと、エストロゲン不足による症状を予防・改善します。

 

またエストロゲンは不足するだけでなく、過剰に分泌されてしまうこともあります。エストロゲンが過剰になってしまったときにはエストロゲン受容体にエクオールがはまり込むと、エストロゲンの作用を弱める効果もあるのです。

 

更年期とエクオール

大豆イソフラボンの成分であるダイゼインのまま吸収されるより、腸内細菌の代謝成分のエクオールとして吸収される方が更年期障害には効果が高いと言われています。日本更年期医学会では、女性108人を対象にして2日間の臨床実験を行いました。臨床実験の最後には24時間蓄積した尿中のダイゼイン、ゲニステイン、エクオールの測定を行い、重度な人ほどエクオールが少なく逆に軽度な人ほどエクオールの量は多かったという結果が出ました。

 

エクオールを作れる人は50%
しかしエクオールを作るためには腸内細菌が不可欠ですが、日本人の中でエクオールを代謝する腸内細菌が腸内に住んでいる人は50%です。つまり2人に1人はエクオールを作ることができないのです。それでも日本人は、昔から大豆をよく食べているため50%という高い割合ですが、欧米などはその半分程度とも言われています。

 

もちろんエクオールを代謝する腸内細菌がない場合は、大豆イソフラボンはまったく有効ではないということではありません。他の有効な成分による効果も十分期待できますが、特にエクオールは骨粗鬆症などを予防する効果もあり、エストロゲン不足に対する効果も増大するため、できれば体内にエクオールを代謝する細菌は欲しいものです。

 

エクオールが作れるか検査できる

エクオールを代謝することのできる細菌の有無は検査することができます。エクオールの尿検査やソイチェックなどで判定できます。エクオールが産生されていると体内で作用した後、尿によって排出されるために尿検査で分かるのです。

 

尿中エクオール検査やソイチェックは、産婦人科や人間ドッグなどで受けられます。またインターネットでも尿を送って検査してくれる機関もあるようです。ただし、エクオールの産生菌の有無は分かりますが、有効に働いているかということは別の問題となります。

 

エクオール産生菌を持っていても

体内にエクオール産生菌を持っていても働きが悪い場合は、大豆製品を摂取することや生活習慣の見直しなどによって活発に働かせることができます。

 

エクオール産生菌がない人は?

エクオールが作れないという人は、エクオールを取り入れるためにはサプリメントなどから摂る方法もあります。

 

まず検査をすること

このように50%のどちらに入るにしてもその対策はあるので、まずエクオール産生菌があるのかないのかをはっきりさせることです。それによって自分に必要な対策を取ることもできるので、まず検査をしてみましょう。

エクオールサプリメント比較