内臓脂肪レベル

内蔵脂肪レベルという言葉を聞いたことがあるでしょうか。最近は健康のため自分の体の状態を知ることができるように、さまざまな数値で表わされています。体脂肪率というのは、もう耳慣れた言葉になりましたが他にも皮下脂肪率、BMIなどの数値があります。それらとともに内臓脂肪レベルについてご紹介しましょう。

 

内臓脂肪を気にする

 

体脂肪率とは

体重の中で脂肪の重さが占める割合を言いますが、脂肪の付いている部分によって皮下脂肪と内臓脂肪とに分れます。そして体脂肪と言うと何でも悪者と考えられてしまいますが、エネルギーを溜めたり内臓を守る役割もあるのです。過剰に溜ってしまうと本当の悪者になってしまいます。体脂肪率は内臓脂肪は男性の方が高くなりますが、全体的にはやはり女性の方が高くなります。

 

体脂肪判定

低い……男性5.0%〜9.9%、女性5.0%〜19.9%
標準……男性10.0%〜19.9%、20.0%〜29.9%
やや高い……男性20.0%〜24.9%、女性30.0%〜34.9%
高い……男性25.0%〜、女性35.0%〜

 

内臓脂肪レベル

体脂肪の中で内臓の周りに付いている脂肪のことを内臓脂肪と言い、血中の脂肪を増やしてしまいます。それによって脂質異常症、つまり中性脂肪や悪玉コレステロールを増やし善玉コレステロールが減ってしまう、いわゆる高脂血症の発症につながります。またインスリンの働きを抑制し糖尿病を発症させる原因ともなり、生活習慣病との関係がとても深いと言われています。

 

そして内臓脂肪レベルとは内臓脂肪の面積を数値で表わしたものとなります。日本では大手健康計器メーカーであるオムロンをはじめとしタニタなど、体組成計によって体重を測るように簡単に測ることができます。それぞれメーカ−の独自の算出方法によって内臓脂肪レベルを引き出すことができるのです。(内臓脂肪レベル1が脂肪面積10平方センチメートル相当)

 

内臓脂肪判定

標準……1〜9
やや高い……10〜14
高い……15〜30
標準値であれば特に問題なく、やや高い数値範囲であれば運動を少し増やし、食事も少し食事制限をしましょうというレベルです。高い数値範囲ではダイエットを真剣に考えるべきということになります。ただしこれは全年齢の平均であって、年齢別の数値では30代までの人はもう少し全体に少なく考えるべきでしょう。

 

内臓脂肪はメタボに直結

内臓脂肪レベルが高くなると生活習慣病に直結します。お腹の周りに脂肪が付いてきたと感じたら、検査をしてみるといいのではないでしょうか。
1)高血糖は空腹時血糖値が110mg/dL以上
2)高血圧は最高血圧130mmHg以上、最低血圧85mmHg以上のどちらか
3)脂質異常は中性脂肪150mg/dL以上、HDLコレステロール40mg/dL未満
この3つのうち2つが当てはまったらメタボだということになります。メタボは動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞など、さまざまな重大な疾患につながっていきます。皮下脂肪過剰より内臓脂肪過剰の方が重大疾病のリスクが高くなります。

 

皮下脂肪とは

体脂肪のうち皮膚下に溜まってしまった脂肪が皮下脂肪です。体重のうちの脂肪の重さが皮下脂肪率となります。皮下脂肪はエネルギーを溜め、体温を一定に保つという役割があり、お腹・二の腕・お尻・太ももなどに付きやすく、男性より女性の方が多いと言われています。

 

BMIについて

Body Mass Index(=体格指数)の頭文字を取ってBMIと言いますが、体重と身長のバランスのチェックで、肥満度の判定ができる国際的な基準です。計算式はBMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)となります。理想のBMI値は22が理想とされ、肥満や痩せ過ぎによる疾患リスクが低い数値と言われているものです。

 

日本のBMI値による肥満基準

痩せている……18.5未満
普通……18.5以上25未満
肥満1度……25以上30未満
肥満2度以上……30以上
これらのさまざまな自分の状態を数値で見える化していくと、予防や改善に早く踏み切れるという利点もあります。これらの数値をただセーフ・アウトということで見ずに、過去数年の変化なども注意して見ると今注意すべきことも見えてくるのではないでしょうか。

脂肪燃焼系ダイエットサプリ比較