内臓脂肪 皮下脂肪

体脂肪の中には内臓脂肪と皮下脂肪がありますが内臓の回りにつくのが内臓脂肪、そして皮下に溜まる脂肪が皮下脂肪ということでネーミングそのままという感じです。ここでは、この2つの違いが分かる情報をまとめてみました。どちらも必要以上は落としたいものですが、この2つを比べることでこれらの過剰な脂肪を落とすヒントにもなるのではないでしょうか。

 

皮下脂肪

 

気付きにくい内臓脂肪

お腹の皮膚の下に溜まってつまむことができるのが皮下脂肪です。そのためすぐに見ても触っても分かります。でも内臓脂肪は内臓の付近に脂肪が付くため、一見分からずまったく気付かないこともある隠れ脂肪だったのです。

 

内臓脂肪は男性につく?

男性ホルモンは筋肉量を増やすことで内臓脂肪を溜めようとします。筋肉量が女性より多い男性は筋肉を動かすために内臓脂肪を溜めようとするため、男性の方が内臓脂肪は付きやすくなっているのです。逆に皮下脂肪は女性につきやすく内臓脂肪はつきにくいと言われています。しかしどちらも付きにくいと言っても、付かないということではないので安心し過ぎないようにしましょう。

 

皮下脂肪は長期間、内臓脂肪は短期間勝負

皮下脂肪は付きにくいものの、じわじわと付いていきますが、ゆっくり付くかわりに落とすのも長期間勝負と考えましょう。それに比べてアッと言う間に内臓脂肪は付くと言われています。そのかわり思ったより短期感で落とすこともできるという性質の違いがあります。

 

皮下脂肪はスタイルに、内臓脂肪は健康に

内臓脂肪は血糖値と血圧の上昇に影響します。その上、悪玉コレステロールや中性脂肪を増やし、善玉コレステロールを減らしてしまうため動脈硬化などのリスクも高く、脳梗塞や心筋梗塞など重大疾患につながるとても危険な脂肪なのです。

 

逆に皮下脂肪は内臓脂肪のように命にかかわる疾患に直接つながらないかわりに、見た目も重たくスタイルが悪くなってしまうというところがあります。ただし皮下脂肪が増えると内臓脂肪も増えてくるので注意しましょう。

 

ウエストの肉がつかめない

ウエストはしっかり太めなのにウエストの肉がつかめないときには、皮下脂肪が少なく内臓脂肪が多いということになるので脂肪がつかめなくても要注意です。痩せていても内臓脂肪はついていることも十分考えられます。この場合痩せていてもウエスト85p以上は危険信号と見なすべきだと言われているのです。

 

内臓脂肪が多いと命取り?

内臓脂肪が多い人は標準の人に比べて、脳梗塞や心筋梗塞での死亡が16〜20倍であるというデータがあるのです。この現実は内臓脂肪の恐ろしさを表わしているのではないでしょうか。

 

炭水化物は内臓脂肪に効果アリ?

炭水化物ダイエットが一時人気になりました。しかし完全に炭水化物を取らないと健康上の問題があるということが分かり、最近では炭水化物を減らすダイエットが人気となっています。炭水化物を減らすと、まず内臓脂肪をエネルギーとして消費していくので、内臓脂肪を減らすのにはとても効果があります。

 

逆に皮下脂肪が多い女性は、炭水化物ダイエットはあまり効果が出にくいということになるのです。皮下脂肪を落とすためには逆に筋トレと有酸素運動の両面を行うことがおすすめです。しかし実際には男性の方が筋トレダイエットを行い、女性の方が炭水化物ダイエットを行うことが多いようです。実はまったく反対のことをしているのです。

 

カプサイシンはどちらにも効果が大

皮下脂肪にも内臓脂肪にもカプサイシンはとても効果が高いと言われています。トンガラシの辛み成分でもあるカプサイシンは体温をアップさせ、代謝も活性化して脂肪燃焼を行います。食事などにカプサイシンを摂り入れてもOK。燃焼型サプリとしても高い効果が期待できます。

脂肪燃焼系ダイエットサプリ比較