内臓脂肪平均

内臓脂肪をレベルで表わした数値によって、自分の内臓脂肪が推定できます。内臓脂肪レベルは大手健康計器メーカであるオムロンやタニタなどの体組成計によって、それぞれ独自の内臓脂肪を数値で表わしたもので、内臓脂肪レベル1が脂肪面積10平方p相当となっています。そんな内臓脂肪のレベルの平均は、自分を知るためにも大切なものなのです。

 

内臓脂肪レベルの目安

まず内臓脂肪レベルの目安として標準がレベル1〜9、やや高めがレベル10〜14、高いがレベル15〜30となっています。一般的にはレベル9までなら一応安心、レベル10〜14なら要注意で改善が必要であり、レベル15〜30はダイエットを真剣に取組むことが必要有りとなるわけです。しかし実際には20代と50代の人では同じ数値でも、その数値の示す意味は大きく違い、また同じ30代でも性別によっても違ってきます。そこで年齢別・性別の内臓脂肪レベルの平均値をご紹介しましょう。

 

年齢別内臓脂肪レベルの平均値

男性の平均

20代 内臓脂肪レベル6
30代 内臓脂肪レベル8
40代 内臓脂肪レベル9
50代 内臓脂肪レベル10
60代 内臓脂肪レベル12

 

女性の平均

20代 内臓脂肪レベル3
30代 内臓脂肪レベル4
40代 内臓脂肪レベル5
50代 内臓脂肪レベル7
60代 内臓脂肪レベル6.5

 

女性の方が全体にレベルが低くなっていますが、男性より内臓脂肪が付きにくいということを考慮に入れて女性の方が平均値が低くなっています。つまり女性は相当ふっくらしていても内臓レベルは意外と低いということで、逆に男性は標準的な体型でも内臓脂肪は高い可能性もあると言えるのです。

 

内臓脂肪レベルの平均によって今の自分を知る

内臓脂肪の目安では例えばレベル9ならセーフということになりますが、実は20代のレベル9と60代のレベル9ではまったく意味が違います。20代の男性にとってレベル9は食事制限が必要なレベルです。このままの状態では将来とんでもないことになるということです。しかし60代ならレベル9はなかなか優秀ということになり、このように年齢によってもレベルが同じでも違った見解になります。

 

男性の場合、基本的には20代〜30代はレベル6〜7を目指し、30代〜40代はレベル9以内を目指し、50代〜60代はレベル10から12を超さないようにすれば良いのではないでしょうか。しかし何歳であっても13を超えるようになったら食事制限や運動を始めるべきであり、15になったら病院に行くべき数値と考えるべきでしょう。

 

内臓脂肪レベルは、見えにくい隠れた内臓脂肪を知ることができるので、成人病の予防もしっかりできます。ただし年齢と性別の平均を考慮に入れないと、間違った判断をしてしまうことにもなるので注意しましょう。

脂肪燃焼系ダイエットサプリ比較