ルテインの効果

ルテインと言うと、目に良いというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。目に良い物でもう一つ頭に浮かぶのがブルーベリーですが、ブルーベリーサプリにルテインが配合されているものが結構多いことにお気づきでしょうか。なぜブルーベリーとルテインが一緒に配合されるのか。またルテインの効果はなど、ルテインについてもう少し掘り下げてみましょう。

 

ルテインとは

ルテインは抗酸化物質の中のカロテノイドの一種です。特に黄色の天然色素で、黄色系の例えばマリーゴールドのような花の花弁や、緑黄野菜の中でもほうれん草やニンジン、カボチャなどに多く含まれています。また植物の緑葉にも豊富に含まれている成分なのです。

 

カロテノイドというと600種類を超すと言われていますが、βカロテンなどのカロテン系とゼアキサンチンなどのキサントフィル系に分れると考えられます。ルテインはこのキサントフィル系に分類されます。

 

紅葉する植物の葉には緑のクロロフィルとキサントフィルが含まれ、秋になるとクロロフィルが破壊されて無くなるため、キサントフィルの黄色が残り紅葉となります。イチョウなどはキサントフィルが多い植物と言えるわけです。ルテインは夏の暑い日差しの中でも、強く生き抜くことのできる強力な抗酸化作用を持っているのです。

 

ルテインの効力

ルテインはその強い抗酸化作用によって健康効果も高いと言われています。ルテインは人間の体内の中で特に目の中にある黄斑部や水晶体、皮膚、乳房、大腸などに存在しているものですが、外部から摂取したルテインは目に高い効力を持っています。

 

ルテインの目への効果

ルテインは目の疾患である緑内障や飛蚊症などにも高い効果が期待されていますが、さまざまな目に関する疾患の予防・緩和効果があると言われています。特に目は体外に出ている臓器であり、目を開けているときは紫外線の攻撃や蛍光灯、電球、テレビの光線、携帯やパソコンなどのブルーライトなどの攻撃に毎日さらされています。

 

特に最近は携帯やパソコンからのブルーライトの影響を受けている人も多く、青色の光は波長が短く力の強い光のため目へのダメージも大きいのです。これらを目で受けると活性酸素がたくさん発生します。そのため黄斑部や水晶体に存在しているルテインは、必要以上に発生した活性酸素を除去し抑えることができます。

 

目に入ってくる光の中には有害光線も多く、それらの光線を吸収する効力もルテインにはあるのです。また水晶体はレンズであり、水晶体から入ってきた光を屈折させて私たちは物を見ています。この大切な水晶体にはルテインが存在しており、ブルーライトをはじめ日光や電灯の光などから水晶体を守っているのです。具体的な効果には目の疲れから眼精疲労、視力回復効果、黄斑変性症の予防、緑内障の予防と緩和効果、白内障の予防、緩和効果、飛蚊症の予防と緩和効果などがあります。

 

ルテインは体にあるもの
ルテインはもともと人間の体に存在しています。しかし体内で合成することはできません。つまりコラーゲンなどのように体内生成ができるものではなく、まして加齢によってルテインは減っていきます。減ればそれだけ活性酸素が溜まるため目が疲れてしまい、目の病気などにもなりやすくなります。もちろん老眼や近視なども進行していきます。

 

そのためルテインは食事やサプリなど、体の外からの摂取が必要になってきます。いつも意識的にルテインを多く摂っている人の網膜には、ルテインの量が多いことも証明されています。しかしルテインを十分摂りたいと思った場合、例えばニンジンなら10本以上、ほうれん草なら4株以上を食べる必要があると言われています。また脂質と一緒に摂ると効果が高いと言われていますが、なかなかこれだけのものを摂取するのは難しいようです。

 

日本の眼科医でも目の健康のために、ルテインのサプリを勧める医師も増えてきていると言われています。1日6mg以上の摂取が良いと言われていますが、目の病気予防ならなんと10mgが必要とされます。ミニトマトならなんと666個と驚異的な量となるのです。そのためルテインはサプリからということも考えるべきかも知れませんね。

 

ブルベリーとの相性

ブルーベリーとルテインの相乗効果

ルテインは同じように目の活性酸素を解消するブルベリーと一緒に摂取すると相乗効果が高く、ルテインの吸収率が高まると言われています。目の健康にとても効力のあるこの2つの成分が揃っていれば、現代人の目もしっかり守られるのではないでしょうか。

ブルーベリーサプリメント比較