ルテインの副作用

ルテインは目のトラブルにとても効果のある抗酸化力の高い成分です。できるだけ摂取するようにしたいものですが副作用はあるのか。やはり摂取するからには、副作用も知っておくことが必要ではないでしょうか。

 

天然のルテインの副作用

天然のルテインというと、主に緑黄野菜などに含まれていますが、これら天然のルテインは摂りすぎの副作用などはないと言えそうです。野菜などから摂る場合は、ほうれん草でも2〜4束、ニンジンなら15本とも20本とも言われています。つまり不足はあっても、摂取し過ぎることはまず考えられません。

 

またサプリなどでも天然の成分のみの場合、例えばケール中心の青汁ならコップ一杯分で1日の摂取量として十分な10mgを摂取することができます。しかし例えば1日に3杯飲んでも30mgです。目の疾患がある人は最低でも20mgは摂取したいと言われています。そしてもし多く摂取したとしても特に溜まってしまうこともなく、副作用の報告もないとのことです。

 

合成ルテインの副作用

合成ルテインの副作用

サプリなどには天然ではなく合成の、人工的なルテインの場合もあります。科学的に合成されたルテインは煙草と一緒に摂取すると、発がんリスクが高くなると言われています。また嘔吐や胸やけを感じる場合もあるとのこと。他にも咳きや喘息を引き起こしたり、目が痒くなったりすることも報告されています。

 

そしてもちろんのこと用量を守ることはとても重要となります。できるなら食品から直接摂取しないサプリなどは、天然成分100%のルテインを使っているものを選ぶようにしたいものです。

 

天然成分であっても原料の安全を確かめる

では天然成分であればすべて安心でしょうか。例えばルテインのサプリなどはマリーゴールドという花の花弁に多く含まれているため、原料としてマリーゴールドを使っているものもあります。確かに天然のルテインでとても良い原料の一つですが、無農薬管理がされているかなども確かめましょう。そういう意味では信頼できるメーカーのサプリの方が安心とも言えそうです。

 

ブルーベリーサプリメント比較