ルテインと蚊飛症

ルテインは緑内障や白内障、その他目のトラブルに良いと言われていますが、飛蚊症にも効果があります。飛蚊症とはどのような疾患なのかというところから、ルテインとの関係などを考えてみましょう。

 

飛蚊症とは

飛蚊症

飛蚊症とはこの疾患の名前どおり、目の前に蚊が飛んでいるように見えるものです。目の中にある硝子体という組織が濁る病気です。硝子体は水晶体の後の網膜に囲まれたところにあります。ゼリー状の透明なものが詰まっていて、眼球の形を整えている部分です。

 

この硝子体が濁るにはいろいろな原因がありますが、濁った部分が視野の中で蚊が飛んでいるように見えたり、ゴミが飛んでいるように見えるものです。原因の一つは50代以降に起こることが多いため、老化が原因と言われます。確かに加齢によって起こる生理的飛蚊症もあります。他にも後部硝子体剥離による場合もあります。

 

しかし原因はそれだけでなく、網膜剥離や硝子体出血、ブドウ膜炎などの原因もあります。これらの場合は注意しないと失明につながるとも言われているのです。そしてこれらは医師による治療が必要になります。最近は若い人でもパソコンやテレビ、携帯などの見すぎからこの疾患を発症する人が増えています。また成人病からも硝子体出血などが起こり、また硝子体の老化の年齢でないうちから発症することもあるのです。

 

生理的飛蚊症とルテインの関係

しかし原因の多くを占める老化の場合は、特に硝子体の酸化が原因となります。そのため抗酸化作用の強いルテインは予防だけでなく改善効果も十分あり、まだまだ諦めることはありません。またルテインはもともと水晶体などに存在していますが、体内で作れないのでどんどん加齢によって減ってしまいます。

 

そのため40歳過ぎたら、ルテインを補給する意味でもルテインを摂取することは大切であり、それが飛蚊症の予防にもなるのです。ルテインは摂取すると直接目と目の回りの活性酸素を分解し、酸化を抑えてくれます。

 

それが眼精疲労の改善や白内障、緑内障の予防や改善など、さまざまな目にかかわるトラブルに良い影響を与えてくれるのです。ある眼科医では飛蚊症の患者さんにルテインのカプセルを飲ませたところ、大幅な改善が見られたとも言われています。気休めの健康サプリと違い、直球で目のトラブルの改善を感じられるのがルテインの特徴なのです。

 

しかし最近は若い人でも、この飛蚊症を発症する人がとても増えているのです。特に携帯やパソコンの画面を長時間見ていることによる弊害とも言われています。そして乱視や近視が強い人ほどそのリスクが高いとも言われています。

 

老化と違い若い人の飛蚊症の場合は、眼底の膜が剥がれてしまう網膜剥離や網膜静脈などの疾患によるものや、動脈硬化、高血圧によって眼球内の出血が起こることもあり、その出血が硝子体に入り込んでゴミのように見えることから飛蚊症になることもあります。

 

飛蚊症とルテインの関係

以上飛蚊症の原因を考えてみると、抗酸化作用の強力なルテインによって予防や改善が期待できることが見えてきます。

ブルーベリーサプリメント比較