文字が二重に見える

目が疲れると文字が二重に見えることがあります。そんなときの対策や、その原因なども考えてみたいと思います。

 

二重に見えるさまざまな症状

物が二重に見えることを複視と言いますが、その原因は意外と多くあります。片目が二重に見えるのか両目で見ると二重に見えるかチェックしてみましょう。片目を隠して複視が起こっているか、それとも両目で見ると複視が起こるのかをチェックします。

 

片目の異常なら片目性複視であり、片方の目の病気や乱視・近視・遠視ということになります。しかし両目で見たときだけ二重になる場合は斜視など、両目が違う方向を見ていることがあり、両目性複視の原因として斜視や眼の筋肉異常ということが多いようです。

 

また複視でも1つのものがずれて2つに見える場合と、少しずれて二重になっているというピントぼけの場合もあります。そしてピントぼけの場合は2つと限らず3つ、4つなど重なって見えることもあります。ピントぼけの場合は疲れや、乱視、近視、遠視などが原因となることが多いようです。

 

また1つのものが2つに見えることは、意外と起こること。一過性のものなら疲れなどあまり気にすることはないと言われています。またぼんやりしていると眼球が左右別の方向を向くこともありますが、シャンとして緊張すると戻ることがほとんどです。黒目の方向が左右別々の方向を向いてしまっている場合は、眼筋や脳神経の異常ということもあります。この場合はすぐに医師に相談しなければなりません。

 

複視の原因

複視の原因はさまざまですが、乱視や近視、遠視、疲れなどがほとんどと言われています。しかし医師でもちょっと見ただけでは、分からないこともたくさんあります。動眼神経麻痺の場合、動脈瘤ができていることがあり破裂すると生命にかかわることも。このような場合は脳外科での緊急手術ということもあり得ます。

 

また甲状腺の疾患によって、眼筋が腫れて複視となる場合も考えられます。網膜にトラブルがあったり糖尿病の合併症だったりすることもあるので、二重に見える複視が続いたり他の不調がある場合は眼科医に相談すべきです。

 

二重に見えるときの対策

いろいろな原因がありますが、特に他に調子が悪いことがなければ様子を見ます。一過性のものなら眼精疲労と考えられますが、そのようなことをしょっちゅう起こしていると、放っておくと眼疾患につながってしまうこともあります。そんなときにはアントシアニンなどを摂取によって眼精疲労が予防されます。

 

また視力検査で近視、遠視、乱視の検査をしていきますが、左右の視力が大きく違っている場合なども二重に見えることがあります。乱視の場合、ドライアイや光の刺激などからも起こるため、これらの症状にも効果の高いブルーベリーなどのアントシアニン摂取がおすすめです。

 

疲れ目予防はとても重要になりますが過剰なアイメイクを避け、目を潤すことや目の周辺に栄養をクリームを付けたり、目の周辺の筋肉を動かして血行を良くすることもおすすめです。疲れ目トレーニングなど目の回りを動かす運動や、目の回りのマッサージ・ツボ押しもおすすめです。ただしマッサージは間違った方法によって逆効果となるので注意しましょう。もちろん大前提として目を休めてやることや眼精疲労の予防が重要となります。

ブルーベリーサプリメント比較