文字が欠ける

私たちは見えているはずのものが、きちんと見えないと焦ってしまいます。例えば文字が欠けて見えたらどうでしょう。きっと、とりあえず時間を空けて様子を見て、それでも欠けていたら病院に行く人も多いのではないでしょうか。文字が欠けて見えるという場合、どのようなことが考えられるのでしょう。また対策なども考えてみましょう。

 

まずチェック

文字が欠けて見える場合、まず視野が欠けているか文字だけが欠けているのかを確かめましょう。例えば今見ている文字からいったん目を離し、部屋全体をしっかり見てみましょう。その視野の中に歪みや欠損、くもりなどがないでしょうか。もしあれば目の疾患が考えられます。

 

しかし何も問題がなく文字を見たときだけ、文字の一部が欠けるのであれば疲れ目ということが考えられます。そんな場合はまず目を少し休めてから、また文字を見直してみましょう。それでも欠けるようなら医師への相談が必要になります。まず焦らずにチェックをしてみるようにしましょう。

 

全体の視野が欠けたり歪みがある場合

全体の視野の一部が欠けたり、歪み、くもりなどがある場合は、緑内障、白内障、網膜剥離、加齢黄斑変性症、網膜動脈閉塞症、乱視、視神経炎、脳梗塞、脳腫瘍、片頭痛などの疾患が隠れている可能性があります。どれも早期発見によって進行を抑えることができたり完治することができるので、早期病院に相談することがおすすめです。

 

文字だけ欠ける場合

文字だけが欠けて見える場合、目を休ませると戻ることがほとんどです。この場合は眼精疲労が疑われます。目の疲れによって見るものの一部がぼけたり、ピントが合わなくなっているという可能性が高くなります。そこで目をしっかり休ませ、毎日の生活の中で眼精疲労が起こるようなことを避けてみましょう。それによって起こらなくなれば、眼精疲労によるものだと考えられます。

 

またどうしても仕事などで目を休めることができない人は、もちろん少しでも休ませる努力をしながら、目薬などを使ってみましょう。それによって文字が欠けることがなくなってくれば、眼精疲労が原因だったということになります。毎回目薬で一時的な対策をするより、その場合はアントシアニンを摂取してみましょう。

 

ブルーベリーなどから摂取したアントシアニンは、眼精疲労にとても効果があります。目の回りの活性酸素の除去効果が高いためその場の症状を抑えるだけでなく、眼精疲労から引き起こされる目の疾患予防にもなります。今の眼精疲労を起こしやすい環境を大きく変えることができないなら、一時的な目薬による対策だけでなく、根本的な眼病予防が絶対に必要ではないでしょうか。アントシアニンにプラスルテインの相乗効果でより眼病予防が期待できます。

ブルーベリーサプリメント比較