目のピントが合わない・ずれる

文字などを見ていてピントが合わない、文字がずれるなど目の異常を感じたことがある人も多いのではないでしょうか。多くの場合は眼精疲労と考えられますが、もちろん眼病の場合もあります。特に眼精疲労や老眼などの原因が多いと言われています。

 

特に夕方になると起こる

ピントが合わなかったり、文字などがずれて見えるという症状が、主に夕方起こることも多いと言われています。1日中目を酷使し、夕方にはもう目の状態は限界ということなのです。ずっと細かい文字などを見ていると、ピントを合わせたままの状態が続きます。それによってピントを合わせるときに活躍する毛様体筋などはコントロール不能となり、ピントを合わせることもできなくなっていると考えられます。

 

そんな状態では目の回りに活性酸素も充満しています。これが溜まってしまうことで、さまざまな眼病の原因にもなるので注意しなければなりません。そのためできればアントシアニンなどの摂取で、活性酸素の除去も行うようにしたいものです。

 

ドライアイによるトラブル

パソコンや携帯の画面や、乾燥した部屋などでの長時間の目の使用によって、眼精疲労とともにドライアイ状態にもなります。それによってかすみ目やピントが合わせられなくなったり、ずれたりなどの症状を感じることもあります。これも目の使い過ぎということが原因となりますが、とにかく目を一休まさせて上げることです。そしてドライアイ用の目薬を差すこともおすすめです。

 

ドライアイ用の目薬は薬剤も薄いので安心して使えます。そのためドライアイの傾向がある人などは、いつも持ち歩くようにするといいかも知れません。ただし、一時的な対策のまま、そのままの状態を続けていると眼病リスクも高くなるので、アントシアニンなどを上手に摂取することも大切です。

 

片目のピントが合わない

片目のピントが合わないときには、ほとんど眼精疲労と考えられます。少し目を休めて戻れば眼精疲労ということになります。戻らなければ網膜剥離や視神経の異常。白内障、緑内障などの可能性もあるので病院に相談に行きましょう。

 

両目のピントが合わない

両目のピントが合わないときでも、眼精疲労の可能性があります。やはり休憩を取ってみて、それでもダメなら斜視なども考えられるので病院に行くようにしましょう。

 

中年以上の場合

ピントが合わない場合、そのときの年齢が40歳以上であれば、老眼ということが考えられます。目の調整する力が老化によって衰え、今までピントを合わせていた距離が遠くになっていきます。そのため近くのものが見えにくくなります。しかし近視を持っている人は、近くも遠くもぼけてしまうということもあります。また毎日使っているメガネが合わなくなって、ピントが合わなくなることもあります。

 

この場合はきちんと検査をして、老眼鏡を作るようにしましょう。しかし普段メガネをしなくても眼精疲労が起こりやすくなります。そのため毎日アントシアニンの摂取を心掛けることで、老眼の進行も抑えられ、老眼による眼精疲労も改善していきます。

ブルーベリーサプリメント比較