アントシアニンの効果

アントシアニンはブルーベリーに豊富に含まれている成分ということは、ご存じの方も多いのではないでしょうか。そしてアントシアニンの効果は、眼精疲労改善がすぐに頭に浮かびますが、他にもいろいろあるようです。アントシアニンの効果についてもう少し探ってみましょう。

 

アントシアニンとは

アントシアニンの効果

アントシアニンはポリフェノールの一種で、青紫色の天然色素です。植物が紫外線やウイルスから自分を守るために作り出した成分と言われています。そのため抗酸化作用がとても強くアントシアニジンと糖で構成されています。

 

色素としては青紫だけでなく、赤色、紫色などその色調の幅は広く、いろいろな種類のアントシアニンがあると言われています。今まで500以上の種類のアントシアニンが発見されていますが、健康のための利用だけでなく食品や布地、糸などの着色にも昔から使われてきました。食べ物の着色として梅干しが、赤シソのアントシアニンで赤く染められています。

 

視覚機能改善効果

アントシアニンの健康効果は、まず視覚機能改善にあります。第二次世界大戦中、空軍のパイロットが朝パンにブルーベリーのジャムをたっぷり塗って食べた日は、辺りが暗くなった夜でもはっきり物が見えることに気付いたことから、ブルーベリーに含まれるアントシアニンの効果が知られるようになったことは有名な話です。

 

そのメカニズムを簡単に説明しましょう。目に光が入ってくると水晶体を通って網膜に当たります。網膜にあるロドブシンという紫色のタンパク質が光の情報を受け、このロドプシンが分解されて電気信号が脳へと伝えわって「見えた」という感覚を持つのです。そして分解したロドプシンはまた再合成されます。

 

この繰り返しによって、わたしたちは光の情報を「見えた」という感覚に変えているのです。このロドプシンの再合成をアントシアニンがサポートする効果があります。ロドプシンの再合成が早ければはっきり「見える」ということになります。そして特に視覚機能改善に高い効果が期待されているのが、北欧産の野生ブルーベリーの一種のビルベリーアントシアニンと、カシスに含まれるカシスアントシアニンなのです。

 

白内障予防効果

またアントシアニンは眼病の予防にも効果があります。例えば白内障は目の水晶体が白く濁ってしまい、視力が低下する病気ですが、アントシアニンが白内障の予防に効果があることは研究によって明らかにされています。

 

白内障は紫外線によって水晶体が酸化してしまい、それによって濁ってしまうと言われていますが、アントシアニンの強力な抗酸化作用によって酸化を防いでくれるのです。50歳代から発症し始め、ほとんどの人は80歳になる頃には白内障が進行すると言われています。早く発症した人は50歳代で手術をする人もいるようです。

 

緑内障の予防

白内障の予防の他に、緑内障の予防にも効果があると言われています。緑内障はいろいろな理由から眼圧が上がり、それによって視神経が傷付くもので、1度傷付いた視神経は改善できません。そのため予防や進行を遅らすことが重要となります。

 

眼圧が高くなる原因は栄養不足、生活習慣の乱れ、紫外線、喫煙などによって、活性酸素が大量に発生することで起こります。そのために抗酸化作用の強力なアントシアニンの摂取によって、緑内障の予防が期待されているのです。

 

メタボ予防

この辺で目に関することだけでなく、他の健康効果にも目を向けてみましょう。まず成人病を予防する効果があると言われています。いわゆるメタボシンドロームというものですが、内臓脂肪の蓄積を抑え成人病予防が期待されているのです。

 

成人病は食べすぎ、運動不足、生活習慣などによって内臓に脂肪がたまり、高血圧、高脂血症、糖尿病、動脈効果など重大疾患につながります。40歳過ぎると男性の2人に1人は、成人病または成人病の予備軍と言われています。女性も更年期に入る50歳ぐらいからは、今まで悪玉コレステロールを抑えていたエストロゲンが減少するため、成人病のリスクはずっと増えていきます。

 

このような成人病の予防をするアントシアニンは脂肪の合成を低下させ、内脂肪や血中の脂肪の蓄積を抑え、血糖値の上昇や血圧の上昇も抑える効果があるという実験報告も発表されています。

 

花粉症の予防

またアントシアニンは花粉症の予防効果も明らかになっており、クシャミや鼻水、目のかゆみなどの改善も期待されています。体内に花粉という異物が入ったときにヒスタミンという物質が分泌されて、異物と戦おうとします。そのため鼻水や涙などを流して花粉を洗い流そうとするのです。

 

アントシアニンはこのヒスタミンを減少させたり、抑えたりする作用があると言われています。マウス実験ではアントシアニンを入れた餌を食べたマウスは、普通の餌を食べたマウスに比べてヒスタミン量が60%の減少があったという結果が報告されているのです。

ブルーベリーサプリメント比較