銅が不足すると

銅は人間には絶対に欠かせないミネラルですが、あまり意識的に摂取している人は少ないのではないでしょうか。確かに微量ミネラルの一種で量的には少量で十分ですが、不足すると健康トラブルを引き起こす要因にもなります。

 

銅について

銅は生きていくために欠かせない酵素や赤血球の構成成分としても不可欠です。そしてタンパク質と結び付き、鉄の働きをサポートしているため貧血を予防などの働きがあります。また免疫細胞にも深くかかわる重要なミネラルの一種なのです。銅は体内に約80g存在していると言われていますが、そのうちの約半分が骨と筋肉に存在しており、1割程度は肝臓に存在しています。

 

銅のコイン

 

成長にも欠かせないミネラルですが、髪や肌の健康を保つためにも重要です。また銅というと電気や熱の伝導性がとても高いため、電子部品や調理器具などにも使われています。他に銅というとやっぱりすぐに浮かぶのが10円玉ではないでしょうか。またメッキなどにも銅は使われており、美しい橙赤色(とうせきしょく)メッキはさまざまな神社仏閣や仏像にも使われています。

 

食品から吸収された銅は小腸で吸収され肝臓で蓄えられます。そして血中では銅とタンパク質が結合してセルロプラスミンとなり全身に運ばれていきます。また銅の吸収率は44%〜67%と言われています。

 

銅の効果や働き

銅は体内で鉄の働きをサポートをするため、貧血予防効果があります。また銅はセルロプラスミンというタンパク質によって血中に存在しています。銅はそのままの形ではヘモグロビン合成はできないので、セルロプラスミンによって酸化されてヘモグロビン合成をします。

 

つまり食事から摂った銅はそのままヘモグロビン合成には使えず、セルロプロスミンが絶対に必要なのです。そういう意味では銅は間接的に、ヘモグロビン合成にも不可欠な成分だということになるのではないでしょうか。

 

他にも免疫を高める働きがあると言われています。T細胞やマクロファージなど、免疫を調整する細胞エネルギーを作り出す酵素である、チトクロムCオキシダーゼの構成成分の一つに銅があるのです。銅が不足することで免疫細胞の機能が低下することも解明されています。

 

また動脈硬化を予防する効果もあります。赤血球の中の銅はSOD酵素の中にあるため、老化や生活習慣病などの原因である活性酸素を分解します。その上、過酸化脂質の増加を抑える効果もあるのです。この過酸化脂質が増えることで悪玉コレステロールが増え、それが動脈硬化の原因となるので少しでも減らすことが重要になのです。

 

また成長促進効果も高く、特に成長に必要な酵素の構成成分でもある銅は欠かせません。骨や血管をつくるコラーゲンやエラスチン、神経伝達に働く酵素などにも銅は欠かせないのです。特に骨や血管を強力にするため、成長促進にはとても大きな影響を与えると言われています。他にも銅は髪の色素でもあり、肌を紫外線から守るために必要なチロシナーゼという酵素の合成にも絶対必要な成分なので美容にも関係していると言うことになりそうです。

 

銅が不足すると

銅はいろいろな食品に含まれていることが多く、普通に食事をしていれば不足しないと言われています。消化管手術後や、銅含有量の少ない人工栄養で育てられた赤ちゃんなどは注意が必要です。また一般的に不足するときには下痢が続くときなので、そんなときには不足を意識しましょう。また過激なダイエットをしている人も要注意です。

 

銅が不足するとヘモグロビンの量が減ってしまうため貧血が起こります。またコレステロールの代謝異常や白血球の減少、毛髪の色が抜けるなどといったことも起こります。また乳児の場合は鉄不足で起こる貧血や体重増加不良、骨異常などは鉄と一緒に摂取しないと改善されないこともあるようです。

 

また遺伝的な銅吸収異常がある場合は、メンケス症候群になります。髪の毛が縮れ、発育が遅い、血管がもろくなる、蛇行湾曲などが起こると言われています。病的な不足でないときには、鉄が思うように働けなくなって貧血を起こすことがほとんどです。

 

銅の過剰摂取について

銅はミネラルの中でも毒性は低く、過剰摂取をしても排泄されるので普通に食事をしている分には特に過剰の心配もありません。しかし銅ナベや銅調理器具、器などに酢の物など酸性食品を入れると、銅が食品に溶け出し必要以上に摂取してしまうことになります。そのため銅の器やナベなどには酢の物など、お酢や梅干しなどは絶対に入れないようにしましょう。

 

また遺伝的に銅が排泄できない人の場合はウィルソン病が起こることも。この場合は肝臓障害、腎不全、脳神経障害、角膜輪という色素沈着などの症状の発症リスクが高まります。歩行障害、言語障害、麻痺なども悪化すると起こる事例もあると言われています。

 

銅の1日必要摂取量

銅の1日摂取推奨量は男子15歳〜17歳がピークで1.0mg、男子成人では0.9mgとなっています。また女子の場合15歳〜17歳も成人も同じく0.8mgとなっています。豊富な食品としてはタコ、牡蠣、レバー、アーモンドなどがあります。

 

牛レバーなら100gで5.3mgなので、20g程度で1切れか2切れで十分ということになります。牡蠣も100gで0.8mgなので大粒なら2〜3つほどで十分です。アーモンドは20粒程度で十分摂取できると考えられます。

サプリ売れ筋比較

銅の食事摂取基準(mg/日)

性 別 男 性 女 性
年齢等 推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
0〜5(月) 0.3 0.3
6〜11(月) 0.3 0.3
1〜2(歳) 0.2 0.3 0.2 0.3
3〜5(歳) 0.3 0.4 0.3 0.4
6〜7(歳) 0.4 0.5 0.4 0.5
8〜9(歳) 0.4 0.6 0.4 0.5
10〜11(歳) 0.5 0.7 0.5 0.7
12〜14(歳) 0.7 0.8 0.6 0.8
15〜17(歳) 0.8 1.0 0.6 0.8
18〜29(歳) 0.7 0.9 10 0.6 0.8 10
30〜49(歳) 0.7 1.0 10 0.6 0.8 10
50〜69(歳) 0.7 0.9 10 0.6 0.8 10
70 以上(歳) 0.7 0.9 10 0.6 0.7 10
妊婦(付加量) +0.1 +0.1
授乳婦(付加量) +0.5 +0.5

出典元:厚生労働省 「日本人の食事摂取基準」(2015年版)より